『ばでぃ』とは、英語で「相棒・仲間」の意味です。
障がいのある方はもちろんご家族の暮らしもサポートしていきます。
〈気にする〉のではなく、〈気づかう〉という気持ち、これが私たちのめざす支援です。
ちっちゃなお手伝いですが、あなたとご家族の大切な時間を支えます。

  • 居宅介護等事業 ばでぃイメージ
  • 居宅介護等事業 ばでぃイメージ
  • 居宅介護等事業 ばでぃイメージ
  • 居宅介護等事業 ばでぃイメージ
  • 居宅介護等事業 ばでぃイメージ
  • 居宅介護等事業 ばでぃイメージ
  • 居宅介護等事業 ばでぃイメージ
  • 居宅介護等事業 ばでぃイメージ

サービス概要

  • 利用者の方の生活がより快適なものになるように、日常生活の中で手助けが必要と感じたことに対して居宅介護等のヘルパーサービス(ホームヘルパー、ガイドヘルパー)を提供します。
  • 障害者総合支援法に基づく居宅介護等の障がい福祉サービス事業、地域生活支援事業による札幌市移動支援事業を行っています。詳しくは「サービス内容」をご覧ください。

サービス内容

  • 居宅介護
    身体介護(入浴・食事の介助等)・家事援助・通院等介助
  • 行動援護
    自分一人で行動することが困難な方に対し、外出の際、危険を回避するために必要な支援・身の回りの介助
  • 重度訪問介護
    重度障がいの方を対象とした見守り・身体介護・家事援助・外出同行
  • 同行援護
    視覚障がいの方を対象とした外出に伴う視覚情報の提供、外出先への同行・身の回りの介助
  • 移動支援
    外出準備を含めて、外出先への同行・身の回りの介助

ヘルパーって、どんなことができるの?

 ヘルパーは障がいのある方のご自宅での暮らしを支えるため、大きく分けて二つのサービス、ご自宅への訪問と外出するためのお手伝いを行っています。
 ご自宅(グループホームも含まれます)に訪問して行うお手伝いは入浴や食事介助・ベッドから車いすへの移乗などの身体介護や調理や洗濯・掃除など日常の家事援助や通院の同行を行っています。身体状況により二人の介助体制を取ることが可能です。
 障がいの重い方に対する「重度訪問介護」では、見守りを含めて、より長時間のお手伝いが可能です。
 また医療的なケアを必要する方に対しては専門研修を受講し登録したヘルパーにより、医療的ケアを行うことができます。
 もう一つは外出の準備や帰宅時の整えを含めて、外出先に同行して行うお手伝いです。外出の目的・場所については、通院や役所などの公的機関など、社会生活する上で必要な外出の他に、映画やカラオケ、プールなど趣味や余暇、健康維持のための外出などもOKです。(ギャンブルに関する場所など一部制限はあります)
 一人で外出することが困難な知的、精神障がいのある方に対しては「行動援護」により危険を回避するために、二人のヘルパーが同行することもできます。
 くわしくはお気軽にばでぃまでお問合せ下さい!

サービスの利用方法

区役所に申請し、受給者証の交付を受け、当事業所との利用契約が必要です。
ご不明点等ございましたら、こちらの「お問い合わせ・ご相談」より、お気軽にお問い合わせください。

営業時間・アクセス

8:30~17:30(営業時間以外でもサービスの利用は可能です)
定休日 第2・4日曜日、年末年始 (緊急の対応はご相談ください)

  • ライオンズマンション1階コインランドリー隣の赤い鉄筋が目印です。
  • 市電「西線9条旭山公園通」から徒歩で5分
  • JR北海道バス 山鼻線 循環啓56・啓66「旭山公園通り13」下車すぐ
  • じょうてつバス 南54 南55 南64 「南9条西11」「南11西11」下車徒歩10分

〒064-0809
札幌市中央区
南9条西13丁目1番40号
南9条通サポートセンター内

お問い合わせ・ご相談

ばでぃに関するお問い合わせやご相談につきましては、下記までお寄せください。

居宅介護等事業 ばでぃ

FAX.011-520-1265

E-Mail.buddy@amu.or.jp

【受付時間】
月~金曜日 9:00~18:00
※日曜日・祝日を除く
このページの上部へ