小集団で様々な経験をし、泣いたり笑ったりしながらそれぞれの個性を見つけていきたい。
「にこぱ」の名前の由来は、泣いている時には「にこっ」と笑い「ぱっ」と気持ちが立ち直り、
毎日ニコニコ笑顔で過ごせるようになるといいな、とスタッフみんなで考えた造語です。

  • 児童発達支援事業 に・こ・ぱ2イメージ
  • 児童発達支援事業 に・こ・ぱ2イメージ
  • 児童発達支援事業 に・こ・ぱ2イメージ
  • 児童発達支援事業 に・こ・ぱ2イメージ
  • 児童発達支援事業 に・こ・ぱ2イメージ
  • 児童発達支援事業 に・こ・ぱ2イメージ
  • 児童発達支援事業 に・こ・ぱ2イメージ
  • 児童発達支援事業 に・こ・ぱ2イメージ
  • 児童発達支援事業 に・こ・ぱ2イメージ
  • 児童発達支援事業 に・こ・ぱ2イメージ
  • 児童発達支援事業 に・こ・ぱ2イメージ
  • 児童発達支援事業 に・こ・ぱ2イメージ
  • 児童発達支援事業 に・こ・ぱ2イメージ
  • 児童発達支援事業 に・こ・ぱ2イメージ
  • 児童発達支援事業 に・こ・ぱ2イメージ
  • 児童発達支援事業 に・こ・ぱ2イメージ
  • 児童発達支援事業 に・こ・ぱ2イメージ

サービス概要

  • 発達に心配のある子どもたちの育ちを集団の中でアプローチし、一人ひとりの〈キラッと〉輝くところを見つけ、その子らしさを引き出すことを目指します。
  • 個別課題の時間を作り、発達を踏まえた課題設定やアプローチによる評価を保護者とともに確認していきながら障がい特性を踏まえた個々の取り組みを充実させます。
  • 一定の時間を通して、安定した生活リズムを整え安心して過ごせる環境づくりを行います。
  • 関係機関との連携や定期的な保護者との懇談の実施により、お子さんの育ちをみんなで支援していきます。
  • 保護者のお子さんの発達に対する不安や心配事を受け止めながら、子育ちを一緒に考えサポートしていきます。

児童発達支援事業

  • 月曜日~金曜日
     9:00~15:00 (給食あり)
  • 土曜日(第1・3週目)
     9:00~15:00 (給食あり)

*日曜日・祝日・年末年始はお休みです。

対象:
幼稚園・保育園入園前の幼児
幼稚園・保育園就園児

送迎

中央区(おおむね2キロ以内)

その他の支援

  • 子育てや発達に関する相談・情報提供
  • 医療機関、幼稚園、保育園、児童相談所などの
    関係機関との連携
  • 家庭面談、保護者懇談の開催

評価表について

利用方法

区役所に申請し、受給者証の交付を受け、当事業所との利用契約が必要です。

営業時間・アクセス

月曜日~金曜日   8:30~17:00
土曜日(第1・3週) 8:30~16:00
*日曜日・祝日・年末年始はお休みです

  • 市電「西線6条」下車 徒歩5分
  • 地下鉄東西線 「西18丁目」 下車 徒歩15分
児童発達支援事業 に・こ・ぱ2

〒064-0806
札幌市中央区
南5条西14丁目1-3

お問い合わせ・ご相談

に・こ・ぱ2に関するお問い合わせやご相談につきましては、
下記までお寄せください。

児童発達支援事業
に・こ・ぱ2

FAX.011-206-6229

E-Mail.nicopa2@amu.or.jp

【受付時間】
月曜日~金曜日    8:30~17:00
土曜日(第1・3週) 8:30~16:00
※日曜日・祝日・年末年始はお休みです
このページの上部へ